Blog記事一覧 > お身体のことについて,ニュース,豆知識,雑談 > 骨粗鬆症の「西高東低」 納豆が関係!?

骨粗鬆症の「西高東低」 納豆が関係!?

2017.10.18 | Category: お身体のことについて,ニュース,豆知識,雑談

こんにちは(^^)オリエンテ深川整骨院です!

 

以前にこのブログで書いた『骨粗鬆症』の西高東低の話ですが、もしかしたらある食品が関係しているかもしれないということです。

骨粗鬆症で起こりやすくなる中高年の大腿骨骨折の人口あたりの割合は西日本で高く、北海道や東北地方で低いという調査結果を、骨粗鬆症財団や近畿大などの研究グループがまとめたことは以前のブログでご紹介しました。

その原因については食生活の違いなどが関係している可能性があるということでした。

カルシウムの骨への取り込みを助けるビタミンKの血中濃度は東日本で高く、ビタミンKを多く含む『納豆』の消費量が関係するといった報告があることがわかりました。確定的ではありませんが研究グループは食生活が影響する可能性も考えられるとしています。

確かに私には西日本の友人が多くいるのですが納豆を得意としていない人がけっこうおります。給食にも出ない地域があるとききました。東日本の人は日常的に当たり前に納豆を口にしますものね!

研究グループの玉置淳子・大阪医科大教授は「気になる人は骨検診の受診、カルシウムビタミンDビタミンKの摂取、運動の習慣づけや、リスクになるやせ過ぎへの注意などを心がけてほしい」と話しています。

 

まああくまでも可能性の話なので断定できませんが、納豆が関わっている線は大いにあると思います。地域間でかなり食品に対する好き嫌いもありますしね!

やっぱり小さい頃に言われた、好き嫌いせずになんでもバランス良く食べる!が将来的に功を奏するのかもしれません。

確かに納豆はビジュアル的にも匂い的にも受け入れられない方も多いと思いますが、それなら別の食品をバランス良く摂って補えばいいのですから。

納豆の話とずれますが、好きなものばかりを食べている方はやはり栄養も偏りがちです。自分が口に入れたものが自分の身体を形成しているんだということをよく自覚して、明日の自分を気遣っていきましょう!

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日