Blog記事一覧 > スポーツ,ニュース,雑談 > 羽生結弦 全日本選手権厳しいか

羽生結弦 全日本選手権厳しいか

2017.12.15 | Category: スポーツ,ニュース,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です。

 

11月にジャンプの着地の際、右足関節外側靱帯を損傷した羽生結弦選手ですが、日本スケート連盟を通じ、腱と骨に炎症があったことと、練習再開日が未定であることを明らかにしました。。

平昌五輪代表最終選考会の全日本選手権への出場は厳しい状況のままです。

「腱と骨にも炎症があるため、治るスピードが早くありません。いつから練習を再開できるかは、まだ決まっていません」

とのコメントです。

羽生選手は11月9日に行われたグランプリシリーズ第4戦・NHK杯の公式練習で4回転ルッツを跳んだ際に転倒して負傷、当初の診断では3~4週間ほどで回復する見込みでしたが、腱と骨に炎症が残存、思うように治癒が進まないということです。

現在は、練習拠点のカナダ・トロントで、リハビリと治療に励んでおり、今後に向けては「氷上に立ち左足を中心に、ストロークやクロスなど単純に滑ることだけから始め、少しずつ負荷を上げ、右足でのターンなどをできるようにしていきたいと思っています」などと復帰プランを明かしています。

本人は未だに全日本選手権への出場を諦めていないようですね・・

しかし怪我した体は嘘をつきませんので、無理せず調整してほしいところです。

結局焦ってもしわ寄せがきますからね・・

怪我はまわり以上に本人も焦るしモチベーションが下がり気味になります。暖かく見守ってあげたいですね!

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日