Blog記事一覧 > ニュース,注意喚起,科学,豆知識 > 登山者上着にQRコード!?

登山者上着にQRコード!?

2019.08.19 | Category: ニュース,注意喚起,科学,豆知識

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です(^^)

 

皆さん、お盆休みはゆっくり過ごせましたでしょうか??

さて、今年のお盆も海や山、そしてプールで残念なニュースが相次ぎました。。

先週8/11は山の日だったということもあって今回は山のお話です。

 

 

近畿大の研究チームが登山者QRコードをプリントした特殊な上着を着用してもらい、上空から探しやすくするシステムの開発を進めているということです。。既に約300メートル離れた位置のQRコードの読み取りに成功し、近い将来の実用化を目指しているそうです!

QRコードといえば、ペイペイやLINE PAYなど、QRコード決済にも使われ、今となっては生活になくてはならないものとなりました。中国などではそのへんの屋台でも現金を使わず買い物ができると聞きます。

 

使用するQRコードは1辺約11センチ。大きいですね。。

照射された方向に光をはね返す「再帰性反射」の素材でプリントするということです。

車のライトで光る道路標識などと原理は同じで、強力なレーザーサーチライトを当てて読み取ります。

実際の探索では、発光機をヘリコプターに積み、上空から各方向に照射。はね返ってきた光で遭難者を見つけます。

QRコードに、事前に名前や性別などを登録しておけば特定も可能です。ライトの光の色を変えれば、昼間でもQRコードからの反射を読み取ることができるといいます。

ものすごい画期的ですね!

システムは理工学部と農学部のチームが開発。リーダーの前田佳伸・理工学部教授は「技術的には導入可能な段階に来ており、いかに広めるかが課題。多くの人にQRコードがついた衣類を着て山に登ってもらい、ヘリにレーザーサーチライトを載せる態勢が必要になる」と話しています。

将来的には、発光機を小型化し、ドローンを活用したシステムの開発も目指すとのこと。

ただ現時点では発光機が重く、ドローンの飛行時間も短いなど、克服すべき課題が多いということです。

 

QRコードが人命救助につながるとは夢にも思いませんでしたね!元々日本生まれの技術(デンソー)が世界を変えるかもしれません。

少しでも山岳事故や海難事故・水難事故が減りますように。。。

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日