Blog記事一覧 > ニュース,豆知識,雑談 > 選択的週休3日制??

選択的週休3日制??

2021.04.06 | Category: ニュース,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です。

 

日本もかなり柔軟な働き方になってきたんだな~と思わせるニュースです。

 

加藤官房長官は、自民党内で検討されている「選択的週休3日制」について、4月中に党の議論がまとまれば、政府として対応を検討する考えを示したようです。

加藤官房長官「育児・介護・闘病など、生活と仕事の両立を図る観点からも、多様な働き方を推進することが重要であり、その1つとして、週休3日制も考えると認識している」とコメントしました。

自民党は、希望する人が週休3日で働ける「選択的週休3日制」について、一億総活躍推進本部で議論を進めています。

 

 

ちなみに選択的週休3日制とはなんなのかというと、

一般的に、多くの企業は週休2日制または完全週休2日制を設けていますが、週における休みを1日増やし、「週休3日」とする制度です。
大企業を中心に導入が増えている新しい休日制度であり、企業側の観点からは人材の確保、生産性の向上といった効果が期待できます。また、柔軟な働き方、多様な働き方を選択できることはワークライフバランスの実現に繋がるため、企業側だけでなく、労働者側からの注目も高まっています。

 

メリットとしては、休日を増やすことにより育児や介護と仕事の両立を可能とし、育児や介護を理由とした離職を防止できます。また、柔軟な働き方を推進している企業であることを対外的にアピールすることで、結果として求職者の増加に繋がることが考えられます。
限られた時間内でパフォーマンスを発揮することが必要となるため、メリハリのついた時間管理の意識付けを行うことにより企業の生産性の向上に繋がることも想定されます。

 

デメリットとしては取引先が週休2日制の場合、取引先とのコミュニケーション不足によりビジネス上の機会損失を招くリスクが考えられます。社内においても週休3日制を導入していない部署があると情報共有の不足により、業務が停滞することも考えられます。
また、業種・業態によっては人員を確保するために増員が必要となり、人件費が増加する可能性があり、生産性の向上に繋がらない場合は休日が増えた分、一日の労働時間が長くなることも懸念点です。

 

いや~、すごいですね!いろいろな事情で週に5日間みっちり働けない方もいらっしゃると思います。そんな方々が思い浮かんでいた制度かもしれないですね!

私はどちらかというと、可能な限り働いていたいので今の週6勤務で全く不満はありません。

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日