Blog記事一覧 > お身体のことについて,豆知識 > 実は危険な「首ボキボキ」!?

実は危険な「首ボキボキ」!?

2017.07.05 | Category: お身体のことについて,豆知識

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です(^^

今日は皆さんが日ごろ無意識についやりがちな「首ボキボキ」についてです。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢になっていると肩や首が辛くなり、つい自分で首を捻ってボキボキ鳴らしていませんか?

これ実は、自分で首をボキボキ鳴らすことを習慣にしてしまうのは、とても危険なことなのです。自分でよいと思ってとった解消法が、後々悪い結果を招いてしまうことがあります。そして、一時的なスッキリ感を覚えてしまうと、そのクセを止めようと思っても、首を鳴らさなければ首の違和感や肩こりを強く感じてしまい、止められなくなってしまう恐れがあります。

関節は2つの骨からなり、少し隙間があります。関節周囲を覆うように関節包という組織があり、その中には関節をスムーズに動かし、軟骨に栄養を与えるための液体(滑液)が入っています。

自分で首を思い切りひねると、その関節周囲では圧力の変化が起きるのですが、「ボキっ」の正体は、そのときに液体から発生する気泡の音である、と言われています。※けっして骨が鳴っているわけではありません!

このときの刺激が、首の筋肉をリラックスするように感じさせ、スッキリ感を得てクセにさせてしまうのです。

しかしこのクセが曲者です。いつもはすぐに鳴る音が、なかなか鳴らないといって、繰り返し挑戦しているうちに、頚部の筋肉や関節を痛めてしまうことあるのです。

また、やみくもに鳴らしていると、骨の変形を招いたり、音の種類によっても骨の変性の進行に違いが見られる、といった話もあります。自分で鳴らす場合は、音の鳴る関節がだいたい決まってきてしまい、常に同じ部位だけが刺激をされるということも良くありません。

施術家が、関節を鳴らすような施術をする場合がありますが、それは、回復させるべき部位を見極めて行っているものです。自分で音の鳴りやすい部分だけをボキボキさせるものとは違いますので、音が鳴れば良い、というわけではありません。それに私たちは音を鳴らすのが目的でやっているのではないのです。

どうしても首ボキボキをやりたくなってしまったら。。

ぐっとこらえて、だまされたと思って首をゆーーっくりストレッチしてあげてください(^^)そして肩甲骨を意識して肩を動かしてみてください。

一時的でも血流が良くなれば酸素が回りますのでとっても楽になるはずです(^_-)

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽に随時ご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・筋膜リリース・トリガーポイント・スポーツテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日