Blog記事一覧 > お身体のことについて,ニュース,季節・天候,豆知識 > 「温泉で亡くなる人が続出」は本当??

「温泉で亡くなる人が続出」は本当??

2017.12.26 | Category: お身体のことについて,ニュース,季節・天候,豆知識

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!

 

あっという間にクリスマス終わってしまいましたね(^_^;)

今年も残すところあと僅か5日となりました!

 

さて先週、あるツイートが物議を醸しました。

内容を要約すると、下記のようなものです

・毎年風呂で亡くなる人は約2万人。5千人は自宅で、後の1万5千名は温泉などで亡くなっている

・防ぐには「旅館に着いたらお茶とお菓子をとる」「朝風呂の前には水分補給する」

というツイートです。。

本当だとしたら大変なことですね!

ただ、もし情報が間違っていた場合、誤解が広がってしまう可能性もあります。本当のところはどうなのか。

 

2015年の厚生労働省研究班による報告書によると、病気なども含めた入浴中の死亡者数は、年間で1万9000人以上と推計されるとのことです。ただ、報告書では同時に次のデータも示しています。

『浴槽内での溺死・溺水では家における発生が80%を超えている。』

ということで実際のところ、入浴中の死亡の大部分は自宅で起きているようです。

さらに報告書では、温泉地では、たとえ入浴中に異変があって救急車で搬送されても、心肺停止にまでは至らず救命される割合が多いとするデータも示しています。

 

考えてみれば、温泉地や銭湯など公衆浴場では、他にも入浴客がいるケースが多いと思われます。おぼれたときに早く発見される可能性が高く、自宅より安全と言えるかもしれません。

というわけでまとめると、実際には温泉でたくさんの人は亡くなっていないし、温泉は自宅より危険ではないと言えそうです!

ツイートされた方は注意喚起をしたつもりだったかもしれませんがとんだ風評被害になるところでしたね!

それにしても、推計で年間1万9千人もの人が入浴中に死亡しているというのは驚きです。

実は日本は、国際的に見た場合、入浴中に亡くなる人がとても多い国なんだそうです。

 

高齢になると、温度の変化にあわせて血液の流れを調整するなどの働きが衰えます。そして日本では熱い風呂に長くつかるのが好きな人が多く、それが入浴中の事故につながっていると指摘されています。※ヒートショック

特に気温が下がって入浴時との温度の変化が大きくなる冬場(12月~2月)は、入浴中に亡くなる方が最も多くなります。たとえ持病がなかったとしても、ご高齢のかたの場合は気を付けたほうが良いかもしれません。

 

次に示す「安全な入浴のポイント」を参考にしてみてください。
 

(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖める
温度の急激な変化はリスクになります。入浴前に浴室や脱衣所を暖めておくことが体への負担を減らすポイントです。お湯を浴槽に入れる時にシャワーから給湯すると、蒸気で浴室の温度を上げることができます。

(2)湯温は41 度以下、湯に漬かる時間は10 分までを目安に
(3)浴槽から急に立ち上がらない
入浴中、体にはお湯による水圧がかかっています。急に立ち上がると、体にかかっていた水圧が無くなり、血管が急にひろがって意識障害を起こすことがあります。浴槽から出るときは、手すりや浴槽のへりを使ってゆっくり立ち上がるようにするのがおすすめです。

(4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控える
(5)入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらう

入浴中に体調の異変があった場合は、早期に対応することが重要です。ただ意識を失ったり、気分が悪くなったりして自力では浴槽の外に出られないこともあるかもしれません。

ご家族などと同居している場合は、入浴前に一声掛けてからお風呂に入ったり、家族が寝ている深夜や早朝の入浴は控えるなどの対策を取られたほうが命を守ることにつながります。

悲しい事態に陥らないように冬場の入浴には十分気をつけましょう!!

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日