Blog記事一覧 > お身体のことについて,ニュース,豆知識 > くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れ!!

くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れ!!

2018.01.18 | Category: お身体のことについて,ニュース,豆知識

こんにちは(^^)オリエンテ深川整骨院です!

 

これから花粉の季節・・くしゃみがとても増えますよね。。

くしゃみって人前だとなんだか遠慮してついつい我慢しがちになります。

しかし、そのくしゃみを無理に我慢したり抑制する行為がとても危険だというデータが出てきたようです。

 

研究者によると、くしゃみを無理に抑えると、喉の裂傷や鼓膜の損傷、脳血管の破裂などを引き起こす可能性があると注意を促しました!

多くの人は、くしゃみが出そうになると、本質的にくしゃみの爆発力を抑え込もうとして口や鼻などをすべてふさぎます。

しかし、英レスターにある病院の救急外来を最近受診した34歳の男性の症例によって、こうした行為が場合によっていかに危険かということが明らかになりました。

この男性は、「鼻をつまみ、口を閉じてくしゃみをこらえようとした後、首の辺りで破裂するような感覚を覚えた」として来院、首の腫れと激痛を訴えていて、CAT(コンピューター断層撮影)のスキャン画像を見ると、抑制されたくしゃみの力によって喉の後部が破裂していたことが確認できたということです((((;゚Д゚))))

まれな症例ではありますが、くしゃみを抑制したことにより両肺の間に空気がたまってしまった例や、脳血管が膨張した状態にある脳動脈瘤の破裂が起きた例さえあるといいます。

医師らは、「鼻孔や口を覆ってくしゃみを抑制するのは危険な行為であり、避けるべきだ」と結論付けています。。。

 

でも人前だと唾液が飛ぶのとかを気にして、どうしてもやっちゃいますよね?

そこで対策として勧められているのは『ハンカチやタオルなどを常備&出しやすいところに持っておいて咄嗟に口をふさいでからくしゃみをする』です。

このやり方だとまわりの方に不快感を与えることも喉などを痛めることもありません。

手で抑えるのと違って隙間ができますので空気の逃げ道ができます。

 

ぜひエチケットという意味でもタオル・ハンカチを持ち歩いて対策してみてください(^^)

ちなみにこれからのくしゃみを起こす最大原因『花粉』ですが群馬県が飛散量第一位だったみたいです!

 

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日