Blog記事一覧 > ニュース,豆知識,雑談 > 東京タワーにマネキン!?

東京タワーにマネキン!?

2019.05.15 | Category: ニュース,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です(^^)

 

この前も東京タワーで後輩の結婚式に参加してきたのですが、なんとも興味深いニュースを聞いたので書いていきます

 

昨年12月に東京タワーは開業60周年を迎えました。

現在、その鉄骨部分に3人の作業服を着た人影が確認できますが身動きひとつしません。実はこれ、塗装職人を模したマネキンなんだそうです(゚∀゚)

いったい何のために設置したんでしょうか!?

現在、塔体を塗装工事中の東京タワーは今年夏ごろまでに工事を完了する予定です。

営業終了後の23時以降から翌朝7時ごろまで、塗装職人が刷毛(はけ)を使って手作業で実施。開業以来5年周期で実施しており、今回で11回目になります。

見た目だけでなく、塔体の強度を維持するために実施しているというこの工事。その足場部分にマネキンは設置されています。

タワー西側の足場で、地上からの高さは約50m。作業服を着てヘルメットをかぶった3体が取り付けられていて、手元を確認すると刷毛も握っています。

4月23日に取り付けられたそうですが、いったい何のために? ?

株式会社東京タワーの広報担当者は理由をこう説明します。

「塗装工事は夜間から早朝にかけて実施されていて、なかなか見ることができません。その雰囲気を感じていただき、東京タワーのために危険な場所で手作業している職人さんへのリスペクトを感じていただければと企画しました」ということ。

マネキンに気づいた人たちからは「人じゃないみたいだけど、なぜあんなところに?」と尋ねられることもあるそうです。

「東京タワーが引き続きこの場所に立ち続けていくために、この塗装作業は不可欠なものです。日々、命がけの作業に取り組んでいる職人の皆さんのことを想像しながら、『すごいなあ!』と思っていただければ嬉しいです。そして、塗りたての鮮やかな色味を取り戻していく東京タワーにもご注目ください」とのことです!

理由を聞いてみるとなるほどなあって感じですね!

営業時間帯は塗装工事が無理なので、お客さんが居なくなってからの工事ですものね。

あの鮮やかな東京タワーのカラーがこうやって人の努力で塗られているんだぞ!ってアピールするのはとってもいいことだと思います!

5/20頃まで見られるそうなので、ご興味ある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日