Blog記事一覧 > ニュース,地域,豆知識,雑談 > 草津、湯長廃止へ。。

草津、湯長廃止へ。。

2019.06.24 | Category: ニュース,地域,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!

長年、温泉人気ナンバーワンの地位を保ってきた群馬県「草津温泉」に激震が走りました。。

 

群馬県草津町は、草津温泉で100年以上の伝統を持つ「時間湯」と呼ばれる独特の入浴法を指導する「湯長」の制度を今年度末で廃止するということです!

町側は、湯長が湯治客に体調を聞く行為が「医療行為の『問診』に当たる恐れもある」などと説明しました。

一方、長年の伝統が突然なくなることに湯治客や関係者からは戸惑いの声が上がっているそうです。そりゃそうですよね。。

時間湯は、草津で江戸時代末期ごろから広まったとされ、高温の湯に湯長のアドバイスを受けながら時間を計って入浴する独特の湯治法で、現在は町の共同浴場の「千代の湯」と「地蔵の湯」の2カ所で行われています。

湯長も長年、受け継がれており、現在は井田剛文さんと鈴木恵美さんの2人が、二つの湯の指定管理者で草津観光公社の臨時職員の身分で務めています。

鈴木さんは「4月まで廃止の方針は聞かされておらず、突然のことで驚いている。残念としか言いようがありません」と話しています。

 

同町は5年ごとに公社との指定管理契約を更新してきましたが、現在の期限が満了となる来年3月31日以降は新たに更新しない意向で、公社が管理を外れるのに伴い湯長も廃止されるとのこと。

湯長について同町温泉課は「湯治客の健康状態を判断し、入浴法も指示するのは医療的な行為にとられかねない恐れもあった」という認識を示しました。

一方、突然の町の方針に「千代の湯」に来ていた男性湯治客は「草津の伝統がなくなるのは寂しい」と話しているそうです。

同町で医院を開業する温泉療法医の布施正博医師は「町内の温泉では、湯長のいない湯の方が意識を失うなど事故が多かった。湯長が事故を防いでいた面もあった」と話しています。

法的には抵触するのかもしれませんが、伝統の長いものがなくなるのはやはり寂しいですね。。

これも時代が変わったということなのでしょうかね。。。

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日