耐性ウイルス((((;゚Д゚))))

2019.11.28 | Category: お身体のことについて,ニュース,季節・天候,注意喚起

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!

 

ちょっと怖い話題です(・・;)

今年も既にインフルエンザが流行シーズンに入っているということには以前のブログでも触れましたが、そのインフルエンザ薬に対して耐性ウイルスが多く出現しているというのです。

昨シーズン、最も使用された新薬『ゾフルーザ』です。

ちなみに日本ではインフルエンザの抗ウイルス薬にタミフル、イナビル、リレンザ、ラピアクタ、ゾフルーザの5種類があり、一番ポピュラーだったのがタミフルです。

ゾフルーザは1回の服用で治療できる利便性が話題になり、昨シーズンは600万人が使用。タミフルに代わってインフルエンザ治療薬の売り上げ1位になりました。

しかし、服用した患者から“薬が効きにくい”や、“耐性ウイルスが出ている”という苦情が殺到しました。

最近では、日本感染症学会が12歳未満の子供についての投与を慎重に、との提言が発表されたということです。

 

ゾフルーザは臨床データが乏しく、前述したように耐性ウイルスの指摘もあります。

耐性ウイルスは本来、有効である抗インフルエンザ治療薬が効かない、あるいは効きにくくなったウイルスのことです。ゾフルーザが1回の服用でいいということは、体の中に入った薬の全体量が半分になるまでの時間を指す半減期が長く、体の中に薬が長くとどまるということです。

タミフルの半減期は6~10時間に対して、ゾフルーザの半減期は77.6~114時間。ゾフルーザは1回服用すると半減するのに4日前後もかかる計算です。

内科医は「インフルエンザ治療薬は体力のない幼児や高齢者には、重症化を防ぐ効果がありますが、昔は対処療法で治していました。治療薬を使わなくても5日程度で快方に向かいます。対処療法も選択肢の1つですよ」と話しています。

解熱剤や消化薬を使うなど、患者個々の訴える症状を軽減して自然回復能力を助長するのが、いわゆる対処療法です。

もしもインフルエンザに感染したら、まずは対処療法で静養するというのが賢明なのかもしれないですね!

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日