Blog記事一覧 > お身体のことについて,ニュース,科学,豆知識,雑談 > 乳房の大きさが風邪の症状に差!?

乳房の大きさが風邪の症状に差!?

2020.01.21 | Category: お身体のことについて,ニュース,科学,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です(^^)

 

びっくりなニュースを目にしてしまいました。

本当でしょうか。。

 

女性の胸の大きさによって風邪の症状に差が出るという、信じがたい説が、学術誌『Arc-hives of Sexual Behaviour』に掲載されました(・・;)

ポーランドで行われたこの研究は、妊娠前であり授乳経験のない若い白人女性163人を対象に、過去3年間にかかった風邪やインフルエンザなどの呼吸器感染症の重症度について調査したものだそうです。

これによると、AAカップの女性が、咳や風邪、インフルエンザの症状に悩まされたのが平均3.8日間だったのに対し、Fカップの女性は平均8.3日続いたとしています(゚∀゚)

胸の大きな女性は小さな女性よりも、2倍以上の期間苦しんだことになります。。

また、胸が大きな女性の方が、最大で56倍の抗生物質を服用していると、同研究を元にイギリスの大衆紙『The Sun』が伝えています。

【乳房の脂肪が免疫力低下の原因!?】

この結果から同調査では、「乳房の大きさが、平均罹患期間及び、抗生物質の使用頻度と正の関連がある」と結論づけています。つまり、胸が大きな女性は、より長期間疾患に苦しみ、その分抗生物質をたくさん摂取するということだそうです。

 

研究者はその原因として、胸の脂肪が免疫力を低下させ、回復力を弱めていると推測しています。脂肪組織で生成され、免疫系に影響を与えるレプチンというホルモンが、その原因ではないかとしています。9割が脂肪といわれる乳房だが、脂肪の量で大きさも変わります。大きな胸の人は脂肪が多い分、免疫力が低下するため、症状が悪化するということだそうです。

うぅむ。。

本来は、誰でも平等にかかるはずの風邪やインフルエンザですが、胸の大きさという身体的特徴で罹患率が変わるというのは初めての説かもしれません。

今後も深く研究を掘り下げて体型とあらゆる疾患の関係が明らかになるといいですね!

 

しかしあまりにも短絡的すぎるような。。

体重との関係もあると思いますがね。

統計で見たら乳房の大きい女性は体重も重い傾向にあると思います。

では男性はどうなんでしょうかね?

そっちも大いに研究を深めてほしいと思います( ̄ー ̄)

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日