Blog記事一覧 > スポーツ,ニュース,雑談 > 東京マラソン、参加料返金されず。。

東京マラソン、参加料返金されず。。

2020.02.18 | Category: スポーツ,ニュース,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です。

 

昨日、東京マラソン一般参加中止の話題を書きましたが、なんと参加料は返還されずということです。。

 

規約に基づき、参加料、チャリティ寄付金は返金しないそうです。

特例として来年大会の出走権を与えるが、来年エントリーする場合は別途参加料が必要となります。東京マラソンの参加料は国内が1万6200円、海外が1万8200円となっております。

当院にも東京マラソン参加を楽しみに、日々トレーニングを積んできた患者さんがいらして、とてもがっかりするとともに憤りを露わにしていました。普通返ってきそうなものですが。。

 

大会のエントリー規約では

「積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません」とあります。

なるほど、規約ではそのとおりですね。。

致し方ないのか。。

 

そして、大会を前に予定していた東京マラソンEXPO2020や、フレンドシップランなどのイベントも中止が決まりました。

 

新型肺炎の日本での発生を受け、財団は対策チームを作り、情報収集と対応策を検討。

14日までは当初は予定通り開催し、希望者へのマスクの配布や、消毒液の設置、また、給食も個別包装のものに切り替え、バナナも例年は切ってあるものを1本まるごとの配布とするなど、対策を検討しているとしていましたが、その後、感染経路が不明な感染者が出てくるなどさらなる感染拡大の恐れが出てきたため、4万人近いランナーがエントリーする一般参加の中止を決めました。

 

運営側も断腸の思いで苦渋の決断を下したのでしょう。。

一般ランナーが走らないとしても、選抜ランナーが走るとなると警備や運営等、莫大な資金がかかるので返金されないとしても仕方ないのかもしれません。

にしても一般ランナーかわいそうです。。

モチベーションを落とさないで頑張ってほしいところですが。。

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日