Blog記事一覧 > エンターテイメント,お身体のことについて,ニュース,注意喚起,雑談 > 「絶叫コースター」でポニーテール禁止!?

「絶叫コースター」でポニーテール禁止!?

2021.11.05 | Category: エンターテイメント,お身体のことについて,ニュース,注意喚起,雑談

 

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!

 

国内で初の対処かもしれません。

 

人気遊園地の富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は宙返りコースター「ド・ドドンパ」の利用客に首や胸の骨が折れる負傷が相次いだことを受け、ほかの大型コースター4機種の安全対策を強化したと発表しました。

宙返りや急降下を繰り返す「絶叫コースター」では、後頭部をヘッドレストに付けて首を守るため、髪をポニーテールに結ぶことを禁止した機種もあるということです(゚∀゚)

 

昨日4日に開いた記者会見での説明によると、「FUJIYAMA(ふじやま)」「高飛車」「ええじゃないか」「そらたびにっき」の4機種で安全対策の点検を進め、利用客への注意喚起方法などを見直したということです。

負傷事例が相次いだ「ド・ドドンパ」は、国の事故調査が続いているため現在も運行を停止しています。

「最大落下角度121度の最恐コースター」と宣伝している「高飛車」では、頭をヘッドレストに押しつけることを徹底して呼びかけています。

ポニーテールなど髪を後ろで結ぶ髪形だと押しつけられない場合があり、ほどくよう求めるとのこと。

また、耳にピアスを付けているとハーネスが当たって出血するおそれがあり、外すよう依頼するということです。

なぜ首を痛めてしまうのかという点は交通事故のむちうちに近いメカニズムだと思われます。頭の重さで頚椎が過度にしなって関節を痛めてしまうんですよね。。

 

まあ、遊園地側から言わなくてもそのくらいはわかるような気もしますけどね。。

私も富士急ハイランドが大好きでド・ドドンパや高飛車など乗ったことがありますが、遊園地側に責任はもちろんあるとはいえ、客側が正しい乗車姿勢を保っていなかったがゆえに怪我をする場合などは、遊園地側を責めるのも酷な気がします。

それを言ったらどんな絶叫アトラクションも不可になってしまいます。

なぜ、いままで問題なしで今になってこんな問題が浮上してきたのかも謎ですが。。

私はゲスト側のモラルやマナー等の問題をもっと突っ込んでもいいんじゃないかと思いますね・・

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日