犬猫も熱中症!?!?

2018.07.24 | Category: お身体のことについて,ペット,季節・天候,豆知識

こんにちは(^^)オリエンテ深川整骨院です!

 

2020東京オリンピックまであとちょうど2年となりました!!

そう!二年後の7/24に東京オリンピックが開幕されるんですね!

なんだかワクワクしてきますね!!!

 

 

さて、連日、熱中症でたくさんの人が搬送されるといったニュースが流れています。。

今日はワンちゃん猫ちゃん等ペットを飼っている方は必見!ペットの熱中症のお話です。

 

人間が熱中症になるのと同じく、ペットの犬や猫も熱中症になることがあるんです。

 

【ペットにやってあげるべきこと】

ペットを飼っている人は電気代は諦めてください。ワンちゃん猫ちゃんのために「弱」でいいからエアコンはつけっぱなしが基本です。最近だとかなりエネルギー&電気代をセーブしてくれるようなエアコンも出ているようです。 

そしてクーラーだけでなく「熱中症計を買ったり、扇風機をまわしたり、水を飲んでいるかチェックしたりする」必要もあるということです。

 

【犬や猫は汗で体温調整できない】

人間は全身で汗をかいて体温を下げることができますが、犬や猫はそれができないです。呼吸による換気が唯一体温を下げる方法らしく、そのため環境を整えてあげることが大切です。

 

急激な体温の上昇によって起きる熱中症。初期症状は「呼吸の速拍」「よだれ、脱水」なのだそうで、そのまま放置すると酸欠に陥り、ぐったりしたりけいれんを起こしたりします。最悪の場合死に至ることもあるので、決して甘くみないことが重要です!

熱中症にかかってしまったら体温を下げることが必須。冷水を飲ませる、冷水を体にかけるなどして、できるだけ早く動物病院へ連れていきましょう。

 

【熱中症予防の方法は?】

熱中症予防の方法としては、「空調管理」がもっとも大切。

・留守番させるときには必ずエアコンをつける
車内には絶対にペットを残さない(車に同乗させるとき日中は避ける)
散歩の時間に気をつける

 

ちなみに犬には肉球にしか汗腺がないため、熱が体内にこもりやすく熱中症は天敵。一方の猫は、犬と比べて暑さに強いといわれていますが、もちろん限度があります。

クールマットやタオルなどの “ひんやりグッズ” も最近とても充実していますので是非取り入れて、愛犬&愛猫が健やかに夏を乗りきれるようにしてあげたいものですね!!

 

人間にも辛すぎる酷暑の夏、ペットにももちろん辛いです。

うっかりの結果、悲しいことにならないように細心の注意を払いましょう。

小さな命を預かっている者の宿命ですね!

 

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日