Blog記事一覧 > ニュース,注意喚起,豆知識,雑談 > 自転車「ながらスマホ」で視界95%減!!

自転車「ながらスマホ」で視界95%減!!

2018.09.25 | Category: ニュース,注意喚起,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!!

 

以前より問題になっている『歩きスマホ』『ながらスマホ』

今日は特に『ながらスマホ』がどれほど危険なのかというところに焦点を当ててみました!

 

スマートフォンを操作しながら自転車を運転する「ながらスマホ」で歩行者と衝突する事故が急増し、社会問題化しています。

 

警察庁によると、スマホなど携帯電話を操作しながらの自転車運転中の事故は、2007年の13件から増加傾向で、昨年は前年比19件増の45件となりました。

川崎市では昨年12月、スマホと飲み物を持って電動アシスト自転車に乗った女子大生が歩行者の女性(77)と衝突し、女性が死亡するという悲惨な事故も起きています。

専門家によると、ながらスマホは視界が通常の5%にまで狭まるということです。

「通常、視界は左右で計約6メートルあるがスマホ操作時は約30センチに狭まる。意識もスマホに集中し、ブレーキ操作が遅れる」と指摘。

また、近年は重量のある電動自転車や高速で走るロードバイクが人気なため「ぶつかった時の衝撃も大きく、危険性が増している。自分は大丈夫と過信しないで」と訴えています。

 

運動神経がいい方ですらスマホに集中している運転操作を誤り簡単に事故を起こしてしまいます。

自転車ですら死亡事故につながってしまうくらいなので自動車でスマホなんて言語道断ですね。。

皆さん、くれぐれも『ながらスマホ』はしないようにしてください。後悔先に立たずです。

 

もちろん『歩きスマホ』もだめですよ~(・・;)

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日