換気について。

2020.11.27 | Category: お身体のことについて,注意喚起,豆知識

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です。

 

今日は新型コロナウイルスに関連する「換気」についてです。

 

新型コロナウイルスの感染防止対策として有効とされている換気。

気温や湿度が下がり、感染リスクが高まるとされる冬場は特に欠かせないものの、窓を開けるのがおっくうな季節でもあります。

効果的な換気の方法はないのでしょうか?

屋外から新しい空気を取り入れ、室内の空気を排出する換気は、ウイルスなどを外に出したり、薄めたりする効果が期待できます。

政府は、冬場も換気扇などの機械設備を活用し、常に換気することを推奨しています。風呂やトイレの換気扇を回し、換気口を開けるなどすると、空気が入れ替わります。

部屋の換気について研究する九州産業大建築都市工学部の北山広樹教授によると「窓を開ける場合は2カ所」。風が吹き込む窓と、その対角線上にある窓を同時に開け、空気の出口と入り口をつくります。2カ所の窓が同じ面にあるなど近接していると、入ってきた空気がすぐ外に出てしまい、室内に滞留する空気が排出されにくくなるため「距離が離れているほど効果的」とのことです。

部屋に窓が1カ所しかない場合は、ドアや廊下などの窓も開け、空気の通り道を確保するといいということです。

車の換気とかでもよく使う手ですよね!

 

ただ、室温の急激な低下による体調悪化も心配になります。空調大手のダイキン工業は、暖房で室内を暖めた後、暖房を入れたまま窓を開けることを推奨しています。

冷えた壁や床、天井が暖まれば、換気時も室温が下がりにくくなります。暖房からできるだけ離れた窓を開けると、電気代も抑えられるといいます。窓を開ける目安は、夏場は30分に1回、5分程度だが、同社は「寒さを感じたら1回3、4分を目安にしてほしい」としています。

窓を開けられなかったり、窓だけでは十分な換気が難しかったりする飲食店やオフィスはどうなのでしょうか?。北山教授によると、建築基準法に基づき、床面積や利用人数に応じたファンなどの設備が設置されており、必要な換気量は賄えるとのことです。

混み合っている場合は、店舗の出入り口を開けるなど外気の取り込み口を増やすと、より効果的ということです。オフィスでは、従業員が設備を把握していないケースもあり「どんな設備があるか確認し、活用を」と呼び掛けています。

エアコンを併用するとさらに効果的に換気できるという話もありました。

 

これからの時期、換気が非常に辛くなってくる季節ですが、新型コロナウイルス対策として、なんとか我慢して頑張って換気をしていきましょう!!

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日