Blog記事一覧 > 季節・天候,豆知識,雑談 > 「中秋の名月」満月は8年ぶり!?

「中秋の名月」満月は8年ぶり!?

2021.09.21 | Category: 季節・天候,豆知識,雑談

 

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!

 

今日21日は、8年ぶりに満月の「中秋の名月」が楽しめると話題になっています。

って聞いた方、ん?ってなりませんでした?

中秋の名月ってくらいだから毎年満月なんじゃないの?って思ったのは私だけではないはずです。

 

「中秋の名月」というと、満月をイメージする人が多いかもしれませんが、「満月」と「中秋の名月」が同じ日になるのは、実は8年ぶりなんです。

ところでこの「中秋」というのは、いつなのでしょうか。。

 

旧暦で秋を指す7月、8月、9月の真ん中。
「秋の真ん中」ということで、「中秋」ということです。

2021年の「中秋」というのが、21日にあたるということだそうです。

では、どうして「中秋の名月」が1年の中で最も美しい月と言われているのかというと、理由が2つあります。

 

まず1つ目が、見上げる高さがちょうどいいという点です

 

中秋の名月は真ん中で、夏の満月はちょっと下、冬は上になります。
そのため、ちょうど周りの景色も見ることができ、首も痛くなりません。

 

2つ目は、空気が澄み渡っているという点です。

 

秋は、空気中の余分なちりや水分などが少なくなるため、月がきれいに見えるそうです。

以上から月を眺めるのにはこの時期が最適ということになっているようです。

 

では、この「中秋の名月」をさかのぼって、いつごろからこの習慣があるのでしょうか、調べてみました。

 

今から1000年以上前の平安時代に、中国から伝わったというふうに言われています。

収穫祭のような意味合いで、月見団子をお供えしたり、あるいは縁側にススキを飾ったりしますが、このススキは魔よけになるという意味合いもあるということです。

 

ぜひ8年ぶりになる満月での『中秋の名月』、楽しんでみてください\(^o^)/

 

 

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日