四十肩?五十肩?

2017.04.20 | Category: お身体のことについて,豆知識

こんにちは(^^) オリエンテ深川整骨院です!

さて今日は『四十肩・五十肩』のお話をさせていただきたいと思います。

この『四十肩・五十肩』は腕が上がらなくなる、肩に激痛が走る、シャンプーができない、肩の痛みのためズボンをあげることができないなどの症状が起こります。

ここで患者様からよく聞かれるのが、40代で症状が出たら四十肩、50代で症状が出たら五十肩なの??じゃ30代だったら三十肩なの??という質問です。

実はこの『五十肩』というのは江戸時代の俗語辞典からきたものらしく江戸時代の人は今より平均寿命も短く、50歳代になると肩が痛くて上がらなくなるというところから由来しているようです。現代の方はPC作業やデスクワークで肩を動かさない人が増えているので40代でも発症する例が圧倒的に増えていて、そういって状況下から『四十肩』という造語が作られたと考えられております。

『四十肩・五十肩』は医学的な呼び方ではなく正しくは『肩関節周囲炎』と呼ばれます。肩関節周囲炎といっても色々な症状があるのですがその半分が『凍結肩』で、世界的には「frozen shoulder」と呼ばれています。私たちも普段こっちの用語を使用しています。

従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいましたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めないそうです。

代表的な症状としては運動制限(肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります)、運動痛(動かす時に痛みがありますが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまいます。髪を整えたり、服を着替えることが不自由になることがあります。)、そして夜間痛(夜中にズキズキ痛み、ときに眠れないほどになることもあります。)です

原因:関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(癒着性関節包炎)

ここで大事なのは腱板損傷との鑑別です。凍結肩は肩が痛みで(もしくは組織的に)上がらなくなります。腱板損傷は痛みはあるが上がることは上がります。そのとき外転60°~120°くらいで痛みが出ます。そして肩を横に上げたままにするのが辛くなります。

凍結肩と腱板損傷だと治療法も全く変わってきます。

 

肩が上がりにくかったり、痛み・違和感を感じたりしたら我慢せずに症状が進んでしまう前にすぐに来院してください!

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・筋膜リリース・トリガーポイント・スポーツテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006 

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077

オリエンテ深川整骨院

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日