Blog記事一覧 > スポーツ,ニュース,豆知識,雑談 > 日大アメフトのタックル問題。。

日大アメフトのタックル問題。。

2018.05.15 | Category: スポーツ,ニュース,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です!

 

日大アメフト部員による関学大QB(クォーターバック)への悪質タックルが大問題になっていますが、更に掘り下げてみたいと思います。

 

何が問題になっているかといいますと、本来アメフットではパスを投げ終えたQBにタックルすることは禁止されており、故意ではない場合でも重大な反則となるということです。

当たり前ですよね?

今回の行為ではパスを出して少なくとも2秒以上たったあとにタックルしています。故意に無防備な相手を倒したと疑われても仕方のない悪質なプレーでした。

関学大の選手は、膝軟骨損傷腰の打撲全治3週間の診断を受け、その後に左脚のしびれも訴えており、全治までの期間が延びる可能性もあるといいます。

これって大変なことですよね。。。選手生命が脅かされた言っても過言ではないです。

 

関学アメフト部の会見では

 「皆さんが普通に道を歩いていて、不意に後ろから100kgを超えた選手がフルスピードでヘルメットをつけて突然背中から当たってこられた時の衝撃はどんなものか想像してもらいたい」と話しています。

不意にタックルを受ければ首に強い衝撃がかかり、脊髄を損傷する恐れもあります。

日大の監督が指示を出したという話ですが、もし本当であればもう指揮を取る資格はないと思います。

スポーツマンシップのかけらもなく、スポーツ指導者なんて語るのは言語道断だと思います。

日大側の今後の対応に注目が集まりますね。。

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

リエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日