Blog記事一覧 > お身体のことについて,ニュース,季節・天候,雑談 > 歩きスマホで札幌で20、30代の冬道転倒3割増!?

歩きスマホで札幌で20、30代の冬道転倒3割増!?

2018.05.28 | Category: お身体のことについて,ニュース,季節・天候,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です(^^)

 

今年の冬も雪が多かったのも記憶に新しいですが、なんと20~30代の方が雪道で転倒する事例が増えていたそうなのです(゚∀゚)

原因ははどうやら『歩きスマホ』みたいです。。

 

 

 

札幌市内で昨冬に転倒で救急搬送された人のうち、20、30代の転倒者数が過去10年間の平均と比べ3割も増えていることが、寒冷地の地域計画などに取り組む一般社団法人「北海道開発技術センター」(札幌)の永田泰浩主席研究員の研究で分かりました。

スマートフォンを操作しながら歩く「歩きスマホ」が原因の可能性があるといいます。

 

永田さんによると、市消防局の集計で2017年12月~18年3月に自己転倒で救急搬送された人は、1172人。うち20、30代は115人で、同年代の人口10万人当たりで約25・5人が救急搬送された計算になります。

過去10年間の20、30代の10万人当たりの平均は約19・5人で、17年度は30%増えた。40、50代は14%増、60、70代は9%増など。。

20、30代が増えた要因について永田さんは「歩きスマホ」の影響を指摘しています。

転倒の際にスマホをかばおうとしたり、地面を見ていなかったりするため激しく転倒することが考えられ「昔なら救急搬送されるほどではなかった転倒が、ひどいけがになった可能性がある」と話しています。

 

現代の若者からすればスマホももちろん大事だと思いますが、なんといっても一番大事なのは自分の『身体』なのではないでしょうか。

転倒して骨折なんてしてしまったら、完治までリハビリも含めかなりの期間を要します。。

優先順位を考え、いくら東北から北の方々が雪道に慣れているとはいえ、気をつけて歩行してもらいたいものです。

注意して防げるものはありますからね!

昨冬、スマホで転倒してしまった方は来季要注意です!!

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

リエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日