Blog記事一覧 > イベント,季節・天候,未分類,豆知識,雑談 > バレンタインデーですよ~(^^)

バレンタインデーですよ~(^^)

2019.02.14 | Category: イベント,季節・天候,未分類,豆知識,雑談

こんにちは(^^)オリエンテ深川整骨院です!

 

今日はバレンタインデーですよ~\(^o^)/

♪HAPPY VALENTINE Day♪

世の男子は朝からソワソワしていたのではないでしょうか( ̄ー ̄)

しかし、昨今バレンタインデーも形態がかなり変わってきており、男子が女子の本命チョコを心臓バクバクしながら待つといった従来の形態ではなく、友チョコといった気軽に友達同士でチョコ交換するようなライトな感覚に変わってきているようですね♪

 

そこで今日はバレンタインデーってそもそもなんの日???由来は?といったことを掘り下げていきたいと思います!

『日本チョコレート・ココア協会』に記載されているものを参考とさせていただきました(^^)

 

【聖バレンタイン】

バレンタイン司祭は3世紀のローマの人です。
一説によると、当時の皇帝クラウディウス2世は、強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。これに反対したバレンタイン司祭は、皇帝の命に反し多くの兵士たちを結婚させました。このため皇帝の怒りをかい、ついに殺されたということです。この殉教の日が西暦270年の2月14日で、バレンタイン司祭は聖バレンタインとして敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日とされているそうです。

【愛の日】
はじめのころ、聖バレンタインデーは司祭の死を悼む宗教的行事でした。これが 14世紀頃からは若い人たちが愛の告白をしたり、また、一説には2月が春の訪れとともに小鳥もさえずりをはじめる、愛の告白にふさわしい季節であることから、この日がプロポーズの贈り物をする日になったともいわれています。

 

「バレンタイデーにはチョコレート」のルーツ

○ 日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代(1950年代)に入ってからのようです。 以後、多くのことが関係して「バレンタインデーにはチョコレートを女性から男性に」という習慣が定着し、今日のような盛んな行事になったようです。

○ 朝日新聞1996年(平成9年)9月21日付け日曜版{地球「食材の旅」・カカオ}に日本のバレンタインデーのルーツが掲載されていますので、抜粋してみました。

1958年(昭和33年)2月メリーチョコレート会社(東京)は新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出した。3日間で売れたのは30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけであった。

翌年ハート型チョコを作った。「女性から男性へ」という殺し文句を作ったのもその頃だ。

1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られた。神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからという。

チョコレート会社「モロゾフ」(神戸)は1936年(昭和11年)2月12日に、神戸で発行されていた外国人向け英字新聞にバレンタインデー向けチョコレートの広告を出している。

このモロゾフがバレンタイン発祥という説が根強いですね!1936年ですしね(゚∀゚)

 

バレンタイデーは盛んに。。。

○ 昭和30年代後半になるとバレンタインデーを積極的に売り出す動きも出てきました。

例えば、森永製菓では1960年(昭和35年)にバレンタイン企画を新聞広告などのマスコミを通して行ない、チョコレートの販売を促進しました。

○ この時期にはバレンタイデー用のチョコレートをお買い上げいただいた方々を劇場に招待したり、景品には当時大変貴重であった腕時計をプレゼントとするという新聞広告もありました。

○ 各社がハート型チョコレートを発売したのもこの時期です。

○ 多くのチョコレート会社が「バレンタイデーにチョコレート」の販売戦略を進めていくうちに、昭和40年代末から50年代にかけて、女性のこころを捉えて徐々に盛り上がり、今日のように盛んな行事になったと考えられます。

 

以上、今日はバレンタインデーのことについて書いてみました(^^)まだチョコを貰ってない!と諦めている男子諸君!まだわからないですよ~!みんなの前で渡すの恥ずかしいからって仕事終わりを狙ってたとか、一日遅れとかもザラにありますし♪

しかし意外だったのは思っていたよりも歴史が長いことでした(^_^;)最近のイベントかと思ってました笑

では良いバレンタインデーを\(^o^)/

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日