Blog記事一覧 > イベント,季節・天候,豆知識,雑談 > 6月はジューンブライド♪

6月はジューンブライド♪

2019.06.18 | Category: イベント,季節・天候,豆知識,雑談

こんにちは!オリエンテ深川整骨院です(^^)

 

昨夜はストロベリームーン見られましたでしょうか??

6月はなんだかロマンチックな事が多いですよね?

 

代表格といえば「ジューンブライド」

憧れを抱く女性も多く、結婚式シーズンでもありますよね(^^)

そんなジューンブライドですが、意味をご存知でしょうか?今日はジューンブライドについてです!

もともと欧米では、6月に結婚すると幸せになれるという言い伝えがあります。

その由来としては、結婚を司る女神が6月を守護しているからという説や、ヨーロッパでは6月は花が咲き始める時期で気候がよいからという説、3~5月には農作業で多忙なため結婚が禁じられており、6月に後回しになっていたからという説など、諸説あります。

共通しているのは、6月に結婚する花嫁は幸せになれるということ。でも日本では、統計上は6月に結婚式を挙げるカップルは多くないようです。。

なぜなら?。。そう「梅雨」があるからです。

楽天インサイトと楽天ウエディングが2016年に実施した「結婚式に関する調査」によると、挙式時期は「秋(9~11月)」が34.0%が最も多く、次いで「春(3~5月)が」31.5%という結果となり、ジューンブライドの6月を含む「夏(6~8月)」は17.3%となっています。

この理由としては、「季節的に天候がよい時期だから」が32.8%で、3人に1人が天候で挙式時期を選んでいるようです。必然的に、日本では梅雨シーズンとなる6月の挙式は検討しにくいようですね。

梅雨時といえば、蒸し蒸しするし、雨ですと室内を候補に入れなければなりませんものね。

日本でジューンブライドを推し進めているのは、こうした6月=梅雨といった負のイメージを払拭するためにブライダル業界が画策しているという説もあります(^_^;)

まあしかし、ここは欧米に乗っかって、6月に結婚したカップルは幸せになれる!でいいんじゃないでしょうか(^^)

めでたいことはめでたいこと!野暮なことはナシで6月に結婚したカップルを祝いましょう\(^o^)/

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日