明日、土用の丑の日♪

2018.07.19 | Category: イベント,ニュース,季節・天候,豆知識,雑談

こんにちは(^^)オリエンテ深川整骨院です!

 

明日は7/20、『土用の丑の日』ですね(^^)

皆さんもご存知、夏の風物詩の一つ、うなぎが最も消費される日です♪

今年の夏は8/1にも丑の日があり二の丑とも呼ばれます。

しかしそのうなぎに異変が起きているようです。。。

 

東京・築地市場では「売りたいのにモノがない」状況だということです(´・ω・`)

極度の品薄のため、卸値は前年同時期に比べ4割高く、過去最高値圏となっているようです。

原因は稚魚のシラスウナギが不漁のためだそう。。

水産庁によると、今漁期(昨年11月~今年4月)の国内漁獲量は、海流の変化によって前年同期より約4割減の8・9トンだったとのこと。不漁だったので卸値が高騰しているみたいです。。

庶民の財布を直撃しそうですね。

しかしお店によっては『うなぎ離れ』を懸念して赤字覚悟で値段を据え置くところもあるようです。

いくら仕入れ値が高騰しようとあんまり高くっちゃみんな買わなくなってしまいますからね。。

 

難しいところです。。

 

それはそうとなぜ『土用の丑の日』にうなぎなんでしょうね?

 

調べてみました!

 

江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談しました。

そのとき、

「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 

という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのです。

 

ちなみに、これがヒットした背景に、当時は、 

「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」 

という風習があったそうです。

これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、 
次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

 

実際には土用丑の日は、 
春夏秋冬4季にわたってあります。

なのに、現在うなぎを食べる習慣があるのは、『夏の土用丑の日』だけです。

これは、当時の平賀源内が起源とされる、うなぎを食べる風習が『“夏の”土用丑の日』だったから、 
現在「土用丑の日」と言えば、夏の土用丑の日となるのです。

また、本来うなぎの旬は冬のため、 
以前は夏にうなぎはあまり売れなかったそうです。

売れないうなぎの販促のため、 
旬ではない“夏”という時期にうなぎを食べる風習を根付かせたという説が有名です。

 

へえ、うなぎは夏が旬ではないんですね笑

知りませんでした。。

なんかジューンブライドに通じるものを感じますね(^^)

 

伝統もありますからできればうなぎを食べたいところですね!

価格が高騰していますが一年にそう何回もあることではありませんから何とか食したいところです(・・;)

 

 

※院の紹介※

当院では外傷・スポーツ障害等に対する保険治療をはじめ

早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

院長は整骨院・整形外科の双方で研修を積みましたので
万が一、怪我をしてしまっても安心して施術を受けていただけます。

※提携医療機関あり

むち打ち交通事故専門施術も承っております。自賠責保険で自己負担金0円です。

※交通事故お見舞金制度あり 

交通事故に強い法律事務所とも提携しております。お気軽にご相談ください!

 

ぎっくり腰・寝違え・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・交通事故・むち打ち

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

 

筋膜リリース・トリガーポイント・AKA博田法

スポーツテーピング・キネシオテーピング

清澄白河・森下・深川で体のことでお困りであれば清澄白河駅A1出口徒歩3分のオリエンテ深川整骨院までぜひお越しください。

またトレーニングに関すること、ダイエットに関すること、リハビリに関すること、少しでも気になる点・疑問点がありましたらお気軽にお問合せください!

 

〒135-0006

江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク 1階

TEL 03-3634-3077
 

オリエンテ深川整骨院

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒135-0006
東京都江東区常盤2-13-12 メゾンドサンク1階

駐車場

路上パーキング2台あり
目の前にコインパーキングもございます

予約について

予約優先制とさせていただいております
※完全予約制ではないです

休診日

日曜・祝日